こんにちは、北陸出身ブロガーのゆうま(@yuLog_jp)です。

iPhone・iPadなどのApple製品では、近くのデバイスにファイルを相互に送信・受信することができる機能「AirDrop(エアドロップ)」があります。「AirDrop」では、共有したい相手がApple製品であれば、手軽に・速くファイルを共有することができるAppleならではの便利機能です。

そもそも「AirDrop」ってなに?

AirDrop」ってどうやって使うの?

当記事では、AirDropとは?を始め、iPhoneを用いて、AirDropの使い方や設定方法を解説をしていきます!

 

Macを用いた「AirDrop」の使い方や設定方法については、以下関連記事をご参考下さい。

 

「AirDrop(エアドロップ)」とは?

AirDrop(エアドロップ)とは、iPhoneなどのApple製品に搭載されており、ファイルを相互に共有することができる機能です。

Wi-FiとBluetoothを用いた無線で通信し、近くのデバイスを検出し、写真やビデオなどのファイルや、位置情報・Webページなども互いに送受信することが可能です。

Apple製品同士であれば、カンタンに写真・動画などのファイルを共有可能な手軽さが特徴的な機能です。Apple製品同士でファイル共有が可能ですので、iPhone同士はもちろん、iPhone⇔iPad⇔Macなど、ファイル共有アプリを利用したり、メールを送らなくても簡単にファイル共有が行えます。

また、送受信するファイルの容量制限がないので、今まで時間がかかっていた容量が大きい動画やファイルの送受信も「AirDrop」では、スピード感のあるファイル共有が可能となります。

 

「AirDrop」で共有できるファイル

「AirDrop」で共有できるファイル
・写真や動画などのデータ
・連絡先
・Webページ(URL)
・位置情報
・アプリ
・テキストや表データ等のファイル
・メモ
・ボイスメモ
・などなど...

「AirDrop」で共有できるファイルは、写真・動画などのデータを送受信できる他、連絡先やWebページ(URL)・位置情報・アプリ・PagesやNumbersなどのテキストや表など、様々なデータを共有することができます。

基本的な使い方は(詳細は後述)、以下画像のような「共有アイコン」をタップすることで、様々なファイルを共有することが可能です。

 

【iPhone】AirDropの設定方法

iPhoneで、「AirDrop」を使うための設定方法について解説します。設定方法はとても簡単で、”コントロールセンター”から設定する方法と、”設定”アプリを使った方法の二通りがあります。

「AirDrop」の設定をオン(有効)にする方法

”コントロールセンター”から設定する場合

「AirDrop」の設定をオンにする方法
1.画面右上から下にスワイプし、”コントロールセンター”を開く
2.左上のグループコントロールを強めに押す
3.「AirDrop」をタップ
4.一覧より、「連絡先のみ」or「すべての人」を選択

まず、iPhoneの”コントロールセンター”を開き、左上のグループコントロールを3D touchで画面を強く押し「AirDrop」を選択します。
※3D touch非搭載の端末は、タッチした後、画面を押さえたままにすることで、「AirDrop」の表示がされます

次に、一覧(受信しない・連絡先のみ・すべての人)から「連絡先のみ」または「すべての人」を選択することで、AirDropの受信をオンにすることができます。

 

◆【補足】連絡先のみを有効について

iPhoneの標準アプリ「連絡先」に登録してある連絡先のみが、近くのデバイスとして検出可能です。(検出したいデバイスもAirDropをオンに設定しておく必要があります)

また、連絡先のみを有効にする場合は、iPhoneの「iCloud」に事前にサインインしておく必要があります。

◆【補足】すべての人を有効について

「すべての人」を有効にすることで、近くのすべてのデバイスを検出することが可能です。iPhoneの標準アプリ「連絡先」に登録されていないデバイスを検出したい場合に有効となります。

 

”設定”アプリから設定する場合

「AirDrop」の設定をオンにする方法
1.「設定」アプリを開く
2.「一般」→「AirDrop」を選択
3.一覧より、「連絡先のみ」or「すべての人」を選択

iPhoneの「設定」アプリを開き、「一般」「AirDrop」を選択し、一覧(受信しない・連絡先のみ・すべての人)から「連絡先のみ」または「すべての人」を選択することで、AirDropの受信をオンにすることができます。

 

「AirDrop」の設定をオフ(無効)にする方法

”コントロールセンター”から設定する場合

「AirDrop」の設定をオフにする方法
1.画面右上から下にスワイプし、コントロールセンターを開く
2.左上のグループコントロールを強めに押す
3.「AirDrop」をタップ
4.一覧より「受信しない」を選択

まず、iPhoneの”コントロールセンター”を開き、左上のグループコントロールを3D touchで画面を強く押します。
※3D touch非搭載の端末は、タッチした後、画面を押さえたままにすることで、「AirDrop」が表示されます

次に、一覧(受信しない・連絡先のみ・すべての人)から「受信しない」を選択することで、AirDropの受信をオフにすることができます。

 

”設定”アプリから設定する場合

「AirDrop」の設定をオフにする方法
1.設定アプリを開く
2.「一般」→「AirDrop」を選択
3.一覧より「受信しない」を選択

iPhone「設定」アプリを開き、「一般」「AirDrop」一覧(受信しない・連絡先・すべての人)から「受信しない」を選択することで、AirDropの受信をオフにすることができます。

 

【iPhone】AirDropの使い方

AirDropでは、写真・動画などのファイルを送受信できる他、連絡先や位置情報・Webページ(URL)など様々なファイルを共有することができます。以下、使い方について解説をしていきます。

事前に送受信するデバイスの「AirDrop」をオンにする必要があります。

 

写真などのファイルを送受信する

「AirDrop」を使って、写真や動画などのファイルを送受信することが可能です。

写真などのファイルを”送信”する

写真などのファイルを”送信”する
1.近くのデバイスに送信したい写真を選択し、画面下部の「共有アイコン」をタップします
2.送信したい相手のプロフィールアイコンを選択します

まず、近くのデバイスに送信したい写真を選択し、画面下部の「共有アイコン」をタップします。AirDropを有効にしている近くのデバイスが検出される為、送信したい相手の「プロフィールアイコン」タップすることで、相手が受信するファイルの受取を許可すると、画像の送信が開始されます。

 

写真などのファイルを”受信”する

写真などのファイルを”受信”する
1.(ファイルを受信すると)iPhone画面上にファイルを受信するかポップアップ表示されます
2.写真の内容を見て「受け入れる」を選択します

近くにいるデバイスが写真などのファイルを送信すると、受信側のiPhone画面上に”ファイル受信のメッセージ”がポップアップ表示されます。

写真の内容を見て「受け入れる」を選択することで、ファイルを受信して自身のデバイスにファイルを保存することが可能です。また、既に連絡先に登録してあるデバイスであれば、受取側のiPhoneは”ピピピピッ”と軽い音がなり、自動的に写真が保存されます。

 

連絡先を交換する

連絡先を交換する
1.「連絡先」アプリを開きます
2.送りたい連絡先を開き、画面下部の「連絡先を送信」をタップ
3.タップしてAirDropで共有から「プロフィールアイコン」をタップして送信

まず、iPhone標準の「連絡先」アプリを開きます。送りたい連絡先を開き、画面下部の「連絡先を送信」をタップします。タップしてAirDropで共有の欄から「プロフィールアイコン」をタップして、相手が受信する連絡先の受取を許可すると、送りたい連絡先が送信されます。

 

Webページ(URL)を共有する

Webページを共有する
1.共有したい「Webページ」を開きます
2.画面下部の「共有アイコン」をタップ
3.タップしてAirDropを共有から「プロフィールアイコン」をタップして送信

Safariなどで共有したい「Webページ」を開き、画面下部の「共有アイコン」をタップし、タップしてAirDropで共有欄から、「プロフィールアイコン」をタップすることで、相手が受取を許可すると共有完了です。(自動的にWebページを開いてくれます)

 

位置情報を共有する

お気に入りの場所や飲食店などの位置情報も、AirDropを使って共有することが可能です。ここでは、iPhone標準アプリの「マップ」と「Google Maps」を使った方法で解説します。

「マップ」の場合

位置情報を共有する
1.「マップ」アプリを開きます
2.「共有アイコン」をタップし、共有先を送信します

まず、iPhone標準の「マップ」アプリを開き、「共有アイコン」をタップします。タップしてAirDropを共有の欄から、共有先の「プロフィールアイコン」をタップし、受取側が許可すると共有完了です。

 

「Google Maps」の場合

位置情報を共有する
1.「Google Maps」を開く
2.「共有アイコン」をタップし、共有先を選択します

まず、「Google Maps」アプリを開き、画面右上の「共有アイコン」をタップします。タップしてAirDropを共有の欄から、共有先の「プロフィールアイコン」をタップし、受取側が許可すると共有完了です。

 

「アプリ」を共有する

オススメのアプリを友達に共有したい場合、どのアプリでもAirDropで共有することが可能です。

「アプリ」を共有する
1.ホーム画面から、共有したい「アプリ」を3D touch(画面を強く押す)します
2.「○○アプリを共有」をタップします
3.タップしてAirDropで共有から「プロフィールアイコン」をタップし送信します

iPhoneのホーム画面より、共有したい「アプリ」を3D touch(画面を強く押す)し、「○○を共有」をタップします。タップしてAirDropで共有から「プロフィールアイコン」をタップし、受取側が許可すると共有完了です。

 

「その他アプリ」を共有する

AirDropは、基本的には、以下画像のような「共有アイコン」をタップすることで、様々なファイルを共有することが可能です。上記アプリ以外でAirDropを利用し共有したいファイルがあれば、「共有アイコン」をタップすることで送信することが可能となります。

 

「AirDrop(エアドロップ)」まとめ

以上、iPhoneを用いたAirDropの使い方や設定方法についての紹介記事でした。

AirDropは、Appleデバイス同士であれば、容量の大きい動画・データの送受信を手軽に共有することが可能です。LINEで動画を送るときに容量制限がかかり送ることができなくても、AirDropを使えば、その場で素早く共有することができます。

”Appleデバイスのみ”と制約はありますが、ほとんどのアプリで共有することができますので、Apple独自の優れた機能の一つとも言えます。AirDropは、Apple標準機能となりますので、一度使ってみてはいかがでしょうか。

 

「AirDrop」まとめ
  • 「AirDrop」とは、ファイルを手軽に共有することができる機能
  • Appleデバイス同士であれば、AirDropを利用可能
  • 送受信するファイルの容量制限がないことが特徴
  • 共有できるファイルは、写真や動画・連絡先・Webデータ(URL)・位置情報・アプリ・テキストや表データ・メモ・ボイスメモなど、様々なアプリに対応している

※AirDropを利用するには、事前に送受信するデバイスの「AirDrop」設定をオンにする必要がある

 

Macを用いた「AirDrop」の使い方や設定方法については、以下関連記事をご参考下さい。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事