こんちには、北陸出身ブロガーのゆうま(@yuLog_jp)です。

現在、iPhoneなどのApple製品同士でファイル共有ができる「AirDrop」機能を利用した「AirDrop痴漢」が話題となっています。この機能を利用して、電車内などで知らない人にわいせつな画像を送りつける等、問題が多発し警察に書類送検されるなどニュースが報じられております。

当記事では、iPhoneの「AirDrop」の設定方法をオフにする方法を紹介していきます。

 

AirDropとは?

AirDrop(エアドロップ)とは、iPhoneなどのApple製品に搭載されており、ファイルを相互に共有することができる機能です。

Wi-FiとBluetoothを用いた無線で通信し、近くのデバイスを検出し、写真やビデオなどのファイルや、位置情報・Webページなども互いに送受信することが可能です。

Apple製品同士であれば、カンタンに写真・動画などのファイルを共有可能な手軽さが特徴的な機能となります。Apple製品同士でファイル共有が可能ですので、iPhone同士はもちろん、iPhone⇔iPad⇔Macなど、ファイル共有アプリを利用したり、メールを送らなくても簡単にファイル共有が行えます。

また、ファイルの容量制限が無いので、今まで時間がかかっていた容量が大きい動画やファイルの送受信も「AirDrop」では、スピード感のあるファイル共有が可能となります。

 

AirDropの設定をオフにする方法

「AirDrop」の設定をオフにする方法は、とても簡単です。「コントロールセンターから設定する方法」と「設定アプリ」を使った方法と2通りあります。

「AirDrop」の設定をオフにする方法(コントロールセンター)

「AirDrop」の設定をオフにする方法(コントロールセンター)
1.画面右上から下にスワイプし、”コントロールセンター”を開く
2.左上のグループコントロールを強めに押す
3.「AirDrop」をタップ
4.一覧より「受信しない」を選択

まず、iPhoneの”コントロールセンター”を開き、左上のグループコントロールを3D touchで画面を強く押します。
※3D touch非搭載の端末は、タッチした後、画面を押さえたままにすることで、「AirDrop」が表示されます

次に、一覧(受信しない・連絡先のみ・すべての人)から「受信しない」を選択することで、AirDropの受信をオフにすることができます。

 

「AirDrop」の設定をオフにする方法(設定アプリ)

「AirDrop」の設定をオフにする方法(設定アプリ)
1.設定アプリを開く
2.「一般」→「AirDrop」を選択
3.一覧より「受信しない」を選択

iPhoneの「設定」アプリを開き、「一般」「AirDrop」→一覧(受信しない・連絡先・すべての人)から「受信しない」を選択することで、AirDropの受信をオフにすることができます。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事