こんにちは、北陸出身ブロガーのゆうまです(@yuLog_jp)。

Chromecast(クロームキャスト)とは、Googleが提供する『YouTubeなどの映像配信サービスを大画面のテレビへ映すストリーミングデバイス』です。

パソコンやスマートフォンの画面をテレビなど他の画面に映し出すことを『ミラーリング』と言いますが、Chromecastではミラーリング機能にも対応しています。

Chromecastでミラーリングをするには、MacOS・Windows・Androidの3機種が対応していますが、iOS端末(iPhone・iPadなど)では、ミラーリング機能は対応していません。

本記事では、iPhone・iPadなどのiOS端末の画面をテレビに映す(ミラーリング)方法を紹介していきます。

 

ミラーリングとは?

『ミラーリング』とは、パソコンやスマートフォンの画面をテレビなどの他の画面に映し出すことを言います。

Chromecastでは、ミラーリング対応機種として3種類(MacOS・Windows・Android端末)ありますが、iPhoneなどのiOS端末では、ミラーリング機能は対応外となります。

(Chromecastは、Googleが開発・販売しているデバイスですので、Apple製品との互換性は弱くて当然ですが...Appleユーザーには痛いですね...)

ただし、iPhone・iPadなどのiOS端末でも、アプリや接続デバイスを用いてミラーリングすることは可能ですので、接続方法を以下に紹介していきます。

 

Chromecastを利用し、iPhone画面をテレビに映す(ミラーリング)方法

Chromecastを利用して、iPhoneの画面をテレビへ映す方法(ミラーリング)は、『ミラーリング対応App』をダウンロードすることで利用可能になります。

様々なミラーリング対応Appはありますが、今回は『Stremer for Chromecast』Appでミラーリングする方法を紹介します。

 

『Streamer for Chromecast』Appとは?

『Streamer for Chromecast』とは、Chromecastを使って、iPhoneの画面をテレビへ映すこと(ミラーリング)を可能とするApple専用のApp(アプリ)です。

テレビへ映すこと(ミラーリング)ができるコンテンツは、以下の通りとなります。

 

ミラーリングできるコンテンツ

・iPhone/iPadの画面全体
・YouTubeなどのキャストブラウザ
・iPhone/iPadに搭載しているカメラ映像
・iPhone/iPad内のカメラロール(写真・動画)
・ミュージックライブラリ内の曲
・などなど...

*現時点では(2019年7月時点)、言語は英語のみで日本語には対応していません。

『Streamer for Chromecast』を利用すると、iOS端末(iPhone/iPad)内の保存されている写真や動画はもちろん、画面全体をテレビへ映すことが可能となります。

また、「YouTube」や「Prime Video」など、Chromecastがキャスト対応しているアプリ以外でも活躍が期待できます。

 

『Streamer for Chromecast』Appの設定方法

1.ダウンロード

まず始めに、AppleStoreより『Stremer for Chromecast』をダウンロードします。

Streamer for Chromecast

Streamer for Chromecast

iStreamer無料posted withアプリーチ

 

2.接続するChromecastを選択

*Wi-Fi環境は必須となります

接続しているSSIDを確認し、「接続するChromecast(ここでは”オフィス”)」を選択→「Connect」をタップし完了です。

 

『Streamer for Chromecast』Appの使い方

『Streamer for Chromecast』では、iPhone画面をテレビへ映す以外に、iPhoneに搭載しているカメラ映像をテレビへキャストしたり、カメラロール内の写真やどファイルなどのドキュメントをキャストすることができます。

 

iPhoneの画面をミラーリングする方法

『Streamer for Chromecast』Appを起動し、「SCREEN MIRROR」→画面中央の「Tap to start mirroring」をタップします。

「ブロードキャストを開始」をタップすると、カウンドダウンが3,2,1と始まり、(二重丸マーク)が赤くなることで、iPhoneの画面をテレビへキャストすることが可能となります。

終了時には「ブロードキャストを停止」をタップすることで、キャストを終了させることができます。

 

スポンサーリンク

(Chromecastを使わずに)iPhoneからテレビにミラーリングする方法

「Chromecast」は、スマホからテレビへキャストする為のストリーミングデバイスです。

しかし、「Chromecast」を使わずにミラーリングする方法も多々存在します。ケーブルを使った有線接続の場合と、Wi-Fiを利用した無線接続の場合で、いくつか紹介をしていきます。

 

有線接続の場合

HDMIケーブルで接続

HDMI端子搭載テレビ(今のテレビは大体付いています)に、HDMIケーブルを接続することでiPhone/iPad画面をミラーリングすることができます。

iPhone/iPadにはHDMI端子がありませんので、HDMI変換アダプタも必須となります。

 

無線接続の場合

「AppleTV」を利用

「AppleTV」を利用して、iPhone/iPadの画面をテレビにミラーリングすることができます。

「AppleTV」は、動画配信サービスの視聴などができるデバイスですが、AppleTV本体をテレビとHDMIケーブルで接続することで、ミラーリングも可能です。

 

「Fire TV Stick」を利用

「Fire TV Stick」とは、Amazonの”Prime Video"などの動画配信サービスを大画面のテレビで見るための接続デバイスのことです。

「Fire TV Stick」のミラーリング機能を使うことで、iPhone/iPadの画面をテレビへミラーリングすることが可能です。

ミラーリングをするには、AirPlay対応アプリ(AirReceiverなど)をインストールする必要があります。

 

ミラーリング対応App(アプリ)を使う

「Streamer for Chromecast」のようなミラーリング対応Appを利用することで、iPhone/iPad画面をテレビへミラーリング可能です。

Streamer for Chromecast

Streamer for Chromecast

iStreamer無料posted withアプリーチ

 

Video Stream for Chromecast

Video Stream for Chromecast

Nam Doan Hoai無料posted withアプリーチ

 

まとめ

以上、Chromecastを使って、iPhone/iPadなどのiOS端末から、テレビへミラーリングする方法についての紹介記事でした。

Chromecastは通常、iPhone画面をテレビへミラーリングすることはできません。

ただし、『Streamer for Chromecast』等のミラーリング対応Appを利用することで、iPhone/iPadの画面でもテレビへミラーリングすることが可能です。

Chromecastを既に使っている方は、『Streamer for Chromecast』のようなミラーリング対応Appは大変有効です。

「Chromecast」は他にも様々な機能を持っている為、詳細は以下をご参考頂ければと思います。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事