こんにちは、北陸出身ブロガーのユウマです(@yuLog_jp)。

Macの画像編集Appは様々な種類がありますが、Mac標準App『プレビュー』はシンプルで誰でも使いやすいのが特徴です。

シンプルなゆえに「手軽に」「簡単に」編集や保存が可能ですが、間違って保存してしまうこともあると思われます。

プレビューAppで画像編集していて、間違って保存してしまった!
前のバージョンに戻したい...

画像を回転させた後、そのままウィンドウを閉じると上書き保存されてしまった...

『プレビュー』Appでは、上書き保存しなくても勝手に自動保存する機能が付いています。

今回は、『プレビュー』Appで編集した画像を元の画像(バージョン)に復元する方法について紹介します。

 

【プレビュー】編集した画像を元の画像に復元する方法

1.「編集したい画像」を選択し、開きます。

 

2.「ファイル」「バージョンを戻す」「全てのバージョンをブラウズ...」を選択します。

 

3.”Time Machine"機能のように過去のバージョンが表示されますので、復元したい「日時」を矢印より選択し、「復元」ボタンを押すことで過去の画像に戻すことができます。

左側には現在の画像が表示され、右側には過去の編集履歴が表示されています。
編集せずに今の画像のままで良い場合は、左下の「完了」をクリックすると元の画像に戻ります。

右下に「目盛り」がありますが、編集している期間が長い場合は「目盛り」を選択し、過去にさかのぼって戻したい画像を選択しましょう。

 

4.元の画像(過去のバージョン)に復元できました。

 

バックアップ用HDDも準備しておこう!

『プレビュー』Appも”Time Machine”同様に過去の画像(データ)にさかのぼる事が可能です。

Mac標準バックアップ機能である”Time Machine”は、過去のバージョンやファイルを一式そのまま元通りに戻すことが可能です。

”Time Machine”を利用する場合、バックアップ用外付けハードディスクは必須となりますので、必要容量に応じて準備しておきましょう!

 

スポンサーリンク

「自動上書きをOFF」に設定も可能

大変便利な『自動上書き保存』機能ですが、設定でOFFに変更することも可能です。

「システム環境設定」「一般」→「書類を閉じるときに変更内容を保持するかどうかを確認」にチェックしましょう。

設定完了し、編集した画像を閉じると、以下のように警告が出ます。
プレビューAppを閉じる際に、1回1回確認ができますので安心です!

まとめ

以上、『プレビュー』Appで編集した画像を元の画像(バージョン)に復元する方法についての紹介記事でした。

Mac標準App『プレビュー』はシンプルで使いやすく、自動保存してくれるので大変便利です。
便利だからこそ!間違ってファイルを閉じてしまった場合の対策として、使い方や設定をマスターし、好みに応じて使い分けていきましょう!

プレビューAppを利用し、画像を圧縮する方法についても記事を書いていますので、参考にしてみてください!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事