こんにちは、北陸出身ブロガーのユウマです(@yuLog_jp)。

新しく発売されたiPhoneXS、前モデルのiPhoneXは有機EL(OLED)を採用されている全画面ディスプレイとなります。

旧モデルのiPhone8やそれ以降までのiPhoneは、ホームに戻る「ホームボタン」が標準されていましたが、iPhoneXS・Xよりホームボタンが無くなりました。

せっかくiPhoneXSに替えたけど、ホームボタンが無いので慣れない...

ホームボタンLOVEだった私には悲しいわ...

ホームボタンが無いiPhoneXSやXでもホームボタンの設置は可能です。
今回は、iPhoneXSにホームボタンを設置する設定方法について紹介していきます。

 

「ホームボタン」設定方法

1.設定アプリを開き、「一般」「アクセシビリティ」「AssistiveTouch」をONに設定。

 

2.「カスタムアクション」より、シングルタップを「ホーム」に設定。

 

すると、画面上に以下画像のような『Assistive Touch』アイコンが表示されます。

 

カスタムアクションで自分なりにカスタマイズ可能

AssistiveTouchアイコンには、タップの仕方を変えることで様々なアクションを選択できます。

タップの仕方は4種類あります。

タップの仕方

・シングルタップ
・ダブルタップ
・長押し
・3D Touch
選択できるアクションは、様々な種類があります。

選択できるアクション

・メニューを開く
・ホーム
・通知
・Siri
・コントロールセンター
・画面をロック
・音量を上げる
・音量を下げる
・消音
・アクセシビリティショートカット
・シェイク
・Appスイッチャー
・スクリーンショット
・画面の向きをロック
・ピンチ
・3D Touch
・ダブルタップ
・SOS
・解析
・簡易アクセス
・再起動
・Pay
・画面の読み上げ
・そのままAppに伝える

タップ方法、選択アクションを選択し、使いやすようにカスタマイズしてみましょう!

ちなみに私は以下画像のように設定しています。
iPhoneXSに機種変更してからコントロールセンターが地味に面倒...(画面右上より下にスワイプする必要がある為)と思っていますので、ダブルタップで簡単に開けるように設定しています!

 

まとめ

以上、全画面ディスプレイのiPhoneXS・Xに「ホームボタン」を設置する方法についての紹介記事でした。

AssistiveTouchは、ホームボタンの設置だけではなく、様々なアクションが設定できます。

iPhoneXS・Xは画面が大きいので片手で操作する場合、通知やコントロールセンターを開くには指を伸ばさないといけないので結構大変です。。

そんな時にAssistiveTouchを活用し、自分が使いやすいようにカスタマイズしてみはいかがでしょうか。

 

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事