こんにちは、田舎ブロガーのユウマです(@yuLog_jp)。

スマートウォッチと言えば『AppleWatch』と言われる程、日本ではAppleWatchの普及率が急激に伸びています。

AppleWatchを腕に付けると、パスコード入力を聞かれますが、このパスコード入力って毎回打つのが大変ではないですか?

今回は、この面倒なAppleWatchのパスコード入力をiPhoneで解除する方法について紹介をしていきます。

AppleWatchのパスコード入力をiPhoneで解除する方法

1.iPhoneより「Watch」アプリを開き、「パスコード」をタップします。

2.「iPhoneでロックを解除する」【ON】にします。

以上で完了です。
ONにすることで、AppleWatchを腕に付けている時に、iPhoneのロックを解除するとAppleWatchのパスコード入力を省くことができます!

 

AppleWatchをパスコード設定する方法

1.iPhoneより「Watch」アプリを開き、「パスコード」をタップします。

2.「簡単なパスコード」【ON】にします。

これで腕にAppleWatchを付けた場合に、4桁のパスコード入力でロック解除が可能となります。

スポンサーリンク

まとめ

AppleWatchやiPhoneは毎日持ち歩くモノだからこそ、設定は入念にしておかないと逆に不便に感じてしまいます。

私は、起床後すぐAppleWatchを腕に付け、その後ニュースやSNSチェックにiPhoneは必ず触ります(ロック解除する)ので、パスコードを直接入力することは殆どありません。

駅の改札やコンビニ等の支払いをApplePayで利用されている方は、ロック解除をしないとApplePayが利用できなくなりますので注意が必要です。

以上、パスコード入力を省略して、より便利に・使いやすく自分なりにカスタマイズしてみましょう!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事