こんにちは、田舎ブロガーのユウマです(@yuLog_jp)。

QRコードを読み込む時は、「QRコード読み込みアプリ」をダウンロードして...アプリを起動して...と今まではする必要がありました。
あまり知られていないiOS11以降の機能で、『iPhone標準カメラでQRコードの読み込みが可能』となっております。

今回は、『読み込み方法』と『設定方法』について紹介をしていきます!

標準カメラでQRコードを読み込む方法

1.iPhone標準「カメラ」アプリを起動する。
カメラ内にQRコードが収まると、以下の様に”近づいてください”などの指示があります。

2.QRコードにカメラを正面から向け、画面上部に出てくる通知をタップ。

3.Safariに切り替わりWebページが表示されます。

設定方法

もし読み込みできなければ、設定で変更が可能です。

「設定」アプリから、「カメラ」「QRコードをスキャン」【ON】にすることで設定完了です。

スポンサーリンク

まとめ

以上、知っているようで知られていないiPhone標準カメラでQRコードを読み込む方法について紹介させて頂きました。

iOS11以降の端末は、従来どおりQRコードアプリが必要となるのでご注意願います。

是非、活用してみてください!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事