こんにちは、ブロガーのユウマ(@yuLog_jp)です。

実はあまり知られていない、iPhone標準アプリの『メモ』にパスワードでロックをかけることができます。
今回は、メモにパスワードをかけて、ロックする方法についてご紹介していきます。

メモにパスワードをかける方法

1.メモを開き、右上の「共有ボタン」をタップ

2.「メモをロック」をタップ

3.「パスワード」「ヒント」を入力し、完了をタップ

パスワード入力ではなく、Touch ID(指紋認証)でロックを解除したい方は、「Touch IDを使用」にチェックしておけばOKです。

以上でロック完了です。

ロックが完了すると、メモ内容は以下のような画像で表示され、”ロックマーク”と”ロック解除マーク”が右上に表示されるようになります。

以下画像の様に、メモタイトル左にも「ロックマーク」が付き、個別にロックの設定が可能です。

鍵付きのメモを表示する場合は、左のようにパスワード入力を求められます。
Touch IDを有効にしている場合は、右の画像のようにTouch IDで入力を求められます。

メモのロックを削除する方法

1.メモを開き「共有ボタン」をタップ

2.「ロック削除」をタップ

以上でロック設定が削除されます。

パスワードを変更する方法

1.「設定」「メモ」をタップ

2.「パスワード」をタップ

3.「パスワードを変更」をタップ

4.「新・旧のパスワード」「ヒント」を入力して、「完了」をタップし、終了です。

パスワードを忘れた場合は?

パスワードを忘れた場合は、AppleIDのパスワードの入力が必要となります。

1.「設定」「メモ」をタップ

2.「パスワード」をタップ

2.「パスワードをリセット」をタップ

3.「AppleIDのパスワード」を入力し、「OK」をタップ

5.「パスワードをリセット」をタップ

以上でパスワードのリセットが完了します。

まとめ

iPhone標準アプリ「メモ」でパスワードをかけてロックする方法について解説させて頂きました。

補足となりますが、同じiCloud上のデバイスでもメモ・パスワードの共有が可能です。

Macbookの場合、「メモ」Appを開き、ツールバーより”ロックボタン”をクリックし、”ロックを解除”をクリックすると、画像の様に「このメモはロックされています。」と表示がされます。

設定したパスワードを入力することで解除も可能です。

以上、人に見られたくないメモや内容であれば、パスワード機能を有効に活用していきましょう!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事