こんにちは、ブロガーのユウマ(@yuLog_jp)です。

電子マネー化が進む中、コンビニやファミレス等での簡易支払いは、モバイルSuicaの利用をオススメします!

今回は私オススメのAppleWatchを用いた支払い方法・チャージ方法を紹介していきます!

AppleWatchで支払いをするメリット

・AppleWatchでは認証が不要の為、サイドボタンのダブルクリックだけで支払い可能

・財布を持たなくても良いので、小銭支払いの手間・時間が省ける

・カバン、ポケットから携帯を出さなくても良い

例えば飲み物だけを買いに行く場合、(混んでいなければ)30秒でコンビニから買って出れます(言い過ぎ)。

ただし、それだけ本当にAppleWatchを使えば簡単なのです。

 

AppleWatchで支払いをするデメリット

・都心部で改札を通る時、左腕を捻らないといけない

・AppleWatchとiPhoneで共通のSuicaは使えない為、2枚必要となる

改札を通る時、右利き(AppleWatchを左腕に付けている)の方は、左腕をグイッと捻って認証させてから(一瞬だけ立ち止まる)通過しないといけません。
一応、AppleWatchの設定で、右手にAppleWatchを付けることも可能です。
(田舎の鉄道ではSuica対応していません、バンザイ)

AppleWatchとiPhoneで共通のSuicaは使えない為、Suicaカードは2枚必要となります。
ただし、iPhoneでSuicaアプリをインストールしておけば、無料で新しいSuicaを作ることが可能です。
残高の共有化はできない為、Suica支払いをする時はiPhoneかAppleWatchか、どちらか決めておけば問題ありません。

 

AppleWatchを用いた支払い方法

出典:Apple公式サイト

まず、横のサイドボタンをダブルクリック。

この画面が出たら、ICカードリーダーにかざすだけで支払いが完了します。
以上、これだけです。

iPhoneのApplePayは指紋認証orFaceIDで認証が必要ですが、AppleWatchだと認証が必要ない為、カンタンです。
(AppleWatchを腕に付ける際、パスコードを聞かれるor(同期している)iPhoneの指紋認証・FaceIDで一度認証を解除しないと、AppleWatchの機能が使えない為、認証要らずという事ですね)

 

Suicaへのチャージ方法

iPhoneのSuicaアプリを使い簡単にチャージが可能です。

まず、Suicaアプリをインストール。

Suica

Suica

East Japan Railway Company無料posted withアプリーチ

Suicaアプリを開き、下部の”入金(チャージ)”を選択。

”入金(チャージ)”を押すと、登録しているクレジットカードorApplePayが選択できるので、登録してあるクレジットカードを選択。

チャージ金額が以下より選択できるので、今回は¥5,000を選択。

入金(チャージ)を押すと...

完了!簡単に入金できます。

尚、ApplePayでチャージする場合は、TouchIDの指紋認証でチャージ可能です。

最後に

以上、AppleWatchを用いてSuicaを利用する方法について紹介をさせて頂きました。

私は殆ど現金を持ち歩かず、コンビニ等での買い物は財布を持たず電子マネーで支払いをしてます。
特にAppleWatch(時計)は毎日欠かさず身に付けるものですので、普段の生活で欠かせない必需品となっています。

AppleWatch・Suicaをご利用の方は、是非ご活用ください!

iPhoneでSuicaを購入する方法・登録方法についてか以下に詳細を記載してあります。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事